夏休み

お盆前に早めの夏休みをとりました

私たち家族は昔からキャンプを良くします
そう夫婦になる前から2人はよくキャンプをしていました
川原を見つけては釣りをしたり スイカを食べたり 語り合ったり

子供が増えるたびにテントも狭くなるけれど 
何もない 自然の中で 語り合い 過ごせることが 1番の幸せかなって思いました

みんなが大きくなると 私の出番もそんなになくなります
座ってゆっくりと湖を眺めているだけで 寝床も夕食も整います
これ すごいです (夫Kがすごいのです 笑)

b0099986_8191223.jpg

いろんな湖に行きました
今回は女満別湖です ここ良いです!

静かなうえに 今時期はシジミが豊富
こどもたちはラッコのように貝拾いを満喫しました

毎夕、暮れていくお陽さまを眺めながら 一緒に居られることを感謝する
そんな休暇を過ごしました

8日(ハッパの日)にはヘンプカーも無事にゴールとなりました

今回 休暇を過ごしながら 道北への旅は私にとって忘れられない感動がありました
自生しているHEMPをこの目で確認することでした

きっと以前にも私たちはHEMPというものと共に過ごしてきたのだと思います
その記憶、感覚でHEMPを認識できました

 薬草を採りに行く朝は水だけ飲むんだ
 そして自分自身も植物と同じレベルにもっていく
 だから心の中で植物に話しかけることも大切だ
 そうやって心も身体も植物レベルになって 森の中へ入っていくと
 自分が薬草を見つけるのではなくて
 薬草に導かれながら いつの間にかその前に立っている
 植物も人間と同じようにたましいをもっているから・・・
 クリンギット族の言葉

 
 8/15追記
 パラパラと捲っていた本から目にとまった言葉ですが
 先日の自生HEMPを確認したときの私の心情がとても近かったので自分の記録としてもここに
 UPしておきます 大好きな星野道夫氏「森と氷河と鯨 ワタリガラスの伝説を求めて」より
 

  

神様がこの地球 そして私たちへと与えてくださったHEMP
それを排除してしまってきた過去
そして今 この時に復活させる動きがある
が、しかし それは神様が与えてくださったものではなく 人が操作した種
覚醒作用を減少させたもの

その凛とした群生を見せていただいたときに
これは女神さまだなと 私の目には映りました

分離ではなく 全て統合される そんなメッセージを受けました
そして 女性性 包括ということを感じました

ヘンプカープロジェクトが終わりました
これからの私たちの歩みが 暮らしが 生き方が 問われるときなのだと思います

2012年に向けて
b0099986_8343342.jpg

[PR]
by h112233h | 2011-08-12 08:31 | 日々の暮らし